転職エージェントに登録したが失敗する | 27歳SEの転職体験記

わたしの転職活動

転職エージェントに登録したが失敗する

投稿日:2016年7月18日 更新日:

今は、どの転職エージェントに登録した方が良いか分かるようになったが、転職活動を始めた頃は何も分からなかった。

調べてみたところ、
大手エージェントは求人情報は多いがエージェントが受け持つ人数が多く1人辺りへのサポートは薄くなる。
逆に中小エージェントは、サポートが手厚いのが多い。

これはその通りだと思う。

だが、これを鵜呑みにして「手厚いサポートを受けたいと思い、中小エージェントに登録したのは失敗」だった。

転職エージェントを探して

どの転職エージェントに登録して良いか分からない私は、「マイナビ転職エージェントサーチ」に登録した。

「マイナビ転職エージェントサーチ」は自分の経歴を登録しておけば、様々な転職エージェントが求人情報を案内してくれるサービスだ。転職エージェントに複数登録するのが面倒なのと、転職エージェント選びもできるので最適なサービスだと考えた。

だが、今ならマイナビ転職エージェントサーチは利用しない。

中小の転職エージェントに登録するのは無駄

マイナビ転職エージェントサーチには多くの中小の転職エージェントが居る。メールで面白い案件を紹介してもらえたので、詳しい話を聞きに何社か面談をしたが、ロクでもない担当者も多い。

名も知らない中小の転職エージェントには登録しない方が良い。

社会人としてマナーも無い担当者

話し方がなってない担当者が居る。

「オレは、~~~だと思うんですけど~~~」
「○○さんは、いつ転職したいっすか?」

社会人として論外…

見当違いの求人を案内してくる

ITに疎い担当者は、見当違いの求人をたくさん持ってくる。データベースエンジニアのことを知らない人は、求人に「データ」が付いていれば機械的に案内してくれる。

データ入力・データ補正の求人は明らかに違うって…

名も知らない中小の転職エージェントを例えるなら、駅前で呼び込みをしている居酒屋みたいだ。
呼び込みの居酒屋で美味しかった試しがない。

どの転職エージェントに登録すべきだったのか?

名も知らない中小の転職エージェントに登録するのは無駄だと書いた。

では、どこが良かったのだろうか?

転職エージェントは2種類の観点で選んだ方が良い。

  • 大手の転職エージェント
    求人情報の9割が非公開求人となっていることを考えると、大手の転職エージェントの求人はチェックしておきたい。
    「サポートが手薄なのでは?」と思ったが、正直困ったことはない。

    (中小だって忙しくて、エントリーシート添削とかしてくれないし。)

  • IT系特化のエージェント
    IT系特化のエージェントもチェックしておきたい。担当者が元SEという方も多く、キャリアパスについても一緒に考えてくれる。

    求人も、IT系特化エージェントならではなので
    データベースエンジニアの求人を探すなら必須だと思う。

転職活動をのんびりとやるにしても最低2,3社(大手1社、IT系特化1,2社)には登録した方が良い。
本格的に転職活動に挑むなら、5社以上は必要かもしれない。

私の経験上、最大で利用したのは5社。
5社登録しても、担当者や案内してもらえる求人との相性があり、自然消滅して3社ぐらいに絞られてくる。

>> 私が利用したエージェント一覧とその評価


私が実際に利用してみて、良かった転職エージェント

DODA【業界大手 非公開求人12万件】
パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)のエージェント。
全国サポート・地方求人も対応。
(私の場合、大学職員や社内SE求人でも役立った。)

公式サイト:DODAエージェント


レバテック キャリア 【IT系特化】
IT・Web系専門なので的確な求人。
サポートは首都圏と大阪圏のみ。
(電話面談でも対応してくれる。)

公式サイト:レバテックキャリア


マイナビジョブ20's 【入社2~4年目】
「転職すべきか否か」悩んでいるなら。
対応エリア:一都三県、大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀 等

公式サイト:マイナビジョブ20's



-わたしの転職活動

Copyright© 27歳SEの転職体験記 , 2017 AllRights Reserved.